本文へスキップ

独立型社会福祉士/社会福祉士まるごとガイド

独立型社会福祉士

社会福祉士まるごとガイドで社会福祉士を目指す!

社会福祉士はソーシャルワーカーの国家資格です。


社会福祉士とは、どういう資格なのでしょう。
また、社会福祉士の資格を持って働く仕事ってどんなものなのでしょう。
そして、この資格を取るにはどんな条件が必要?
このサイトでは、そういった社会福祉士という国家資格に焦点を当ててみました。

独立型社会福祉士の実施について

社会福祉士イメージ
独立型社会福祉士は、地域を基盤として独立した立場でソーシャル

ワークを実践する者であり、ソーシャルワーク実践するにあたって

職業倫理と十分な研修と経験を通して培われた高い専門性にもとづき、

あらかじめ利用者と締結した契約に従って提供する相談援助の内容

及び、その質に対し責任を負い、相談援助の対価として直接的に、

もしくは第三者からの報酬を受ける。


■ 独立型社会福祉士の実践領域(例)

@個人との契約による事業領域(相談援助等)

A権利擁護に関する領域(後見業務、福祉サービス利用援助事業等)

B公的サービスや行政委託等による事業領域(居宅介護支援業務、各種審査会等)

C福祉サービス提供事業等との契約による事業領域(第三者評価や苦情解決等)

D社会資源開発に関する領域(移送サービス、レスパイト等)


現在、独立型社会福祉士の人数は少ないが、組織上の制約がない独立型社会福祉士は、
地域で生活上の支援を必要としている住民を支える社会資源として重要。




リンクについて

当サイトでは、随時、相互リンクを募集しています。相互リンクご希望の方は、こちらからご連絡ください。

相互リンク募集中!!

LINK1  2  3  4  5  6