本文へスキップ

社会福祉士の将来/社会福祉士まるごとガイド

社会福祉士の将来

社会福祉士まるごとガイドで社会福祉士を目指す!

社会福祉士はソーシャルワーカーの国家資格です。


社会福祉士とは、どういう資格なのでしょう。
また、社会福祉士の資格を持って働く仕事ってどんなものなのでしょう。
そして、この資格を取るにはどんな条件が必要?
このサイトでは、そういった社会福祉士という国家資格に焦点を当ててみました。

社会福祉士の将来

社会福祉士イメージ
社会福祉士は、少子高齢化の進行や国民の福祉ニーズの多様化に

伴って、今後行われる介護保険制度の拡充などにより、

ソーシャルワーカーの専門職として将来性は十分である。


現在、施設中心の福祉サービスから在宅中心の福祉サービスへと

いう大きな流れの中で、地域の社会福祉施設は、在宅福祉を支える

専門的機能を持つ中核的施設になることが期待されています。


そういった核施設の中核的なマンパワーとして社会福祉士が期待されています。

福祉の仕事は、今後ますます幅広い領域に及んでくると予測されます。

そいった中で、社会福祉系の専門職以外にも、保健医療系の専門職など様々な分野で、社会福祉のプロフェッショナルが必要とされています。

社会福祉士は、プロ=ソーシャルワーカーとして、あらゆる領域で大切な役割を担います。




リンクについて

当サイトでは、随時、相互リンクを募集しています。相互リンクご希望の方は、こちらからご連絡ください。

相互リンク募集中!!

LINK1  2  3  4  5  6