本文へスキップ

ソーシャルワーク/社会福祉士まるごとガイド

ソーシャルワーク

社会福祉士まるごとガイドで社会福祉士を目指す!

社会福祉士はソーシャルワーカーの国家資格です。


社会福祉士とは、どういう資格なのでしょう。
また、社会福祉士の資格を持って働く仕事ってどんなものなのでしょう。
そして、この資格を取るにはどんな条件が必要?
このサイトでは、そういった社会福祉士という国家資格に焦点を当てて見ました。

ソーシャルワークって?

社会福祉士イメージ
ソーシャルワークとは、社会福祉の専門的援助技術の一つです。

ソーシャルワークをする人のことをソーシャルワーカーといいます。

ソーシャルワーカーの仕事を簡単に説明してみましょう。

例えば何か困りごとを抱えている人がいたとします。
その困りごとは介護のことだったり、子育てのことだったり、
夫婦間の問題だったりするかもしれません。

ソーシャルワーカーは、困りごとを抱えている人のお話を伺って、
その方に最適な社会資源を探り、サービスを提供しながら、
一緒に困りごとを考えて解決していこうとします。

面接を行って困りごと・悩みなどを聴くところはカウンセリングに似ていますが、
社会資源を用いていくところがソーシャルワークの特徴です。
 

現在、ソーシャルワークといわれる技術はソーシャルケースワーク、ソーシャルグループワーク、
コミュニティワーク、社会活動法、社会福祉調査、社会福祉計画、社会福祉運営管理などが含まれています。


具体的にどのような機関や施設にソーシャルワーカーがいるかというと…

社会福祉事務所のケースワーカー
病院の医療ソーシャルワーカー
在宅介護支援センターの相談員
各種社会福祉施設の生活指導員

などが挙げられます。


尚、現在ソーシャルワーカーのための公的資格として、

社会福祉士(国家資格)が設けられています。

ソーシャルワークの定義


 ソーシャルワーク専門職は、人間の福利(ウェルビーイング)の増進を目指して、社会の変革を進め、人間関係における問題解決を図り、人々のエンパワーメントと解放を促していく。ソーシャルワークは人間の行動と社会システムに関する理論を利用して、人びとがその環境と相互にに影響し合う接点に介入する。人権と社会正義の原理は、ソーシャルワークの拠り所とする基盤である。



リンクについて

当サイトでは、随時、相互リンクを募集しています。相互リンクご希望の方は、こちらからご連絡ください。

相互リンク募集中!!

LINK1  2  3  4  5  6